ご訪問頂き、ありがとうございます
東京都新宿区の小さなヨガ教室のサイトです


くわしくは「詳細、こちらです」をクリックして、ご覧くださいませ。


やさしいハタヨガ
火曜日 3:30pm~@ARCOIRISスタジオ
やさしいハタヨガ詳細、こちらです

水曜日 1:30pm~@ARCOIRISスタジオ
やさしいハタヨガ詳細、こちらです

水曜日 7:15pm~@目白
やさしいハタヨガ詳細、こちらです

金曜日 7:15pm~@ARCOIRISスタジオ
やさしいハタヨガ詳細、こちらです

リストラティブ・ヨガ
火曜日 8:00pm~@ARCOIRISスタジオ
リストラティブ・ヨガ詳細、こちらです

土曜日 5:00pm~@ARCOIRISスタジオ
リストラティブ・ヨガ詳細、こちらです

マタニティー・ヨガ
土曜日 1:20pm~@ARCOIRISスタジオ
マタニティー・ヨガ詳細、こちらです

産後ヨガ
木曜日 1:20pm~@ARCOIRISスタジオ
産後ヨガ詳細、こちらです

朝ヨガ
木曜日 第2・4週目 10:00am~@ARCOIRISスタジオ
朝ヨガ詳細、こちらです

<予定表>  
火曜水曜木曜金曜土曜
朝 第2・4週目
ARCOIRIS
スタジオ
10:00am~11:20am
やさしい
ARCOIRIS
スタジオ
3:30pm~4:50pm
やさしい
ARCOIRIS
スタジオ
1:30pm~2:50pm
産後
ARCOIRIS
スタジオ
1:20pm~2:30pm
マタニティー
ARCOIRIS
スタジオ
1:20pm~2:30pm
リストラティブ
ARCOIRIS
スタジオ
8:00pm~9:20pm
やさしい
目白
7:15pm~8:35pm
やさしい
ARCOIRIS
スタジオ
7:15pm~8:35pm
リストラティブ
ARCOIRIS
スタジオ
5:00pm~6:20pm


PCの場合は左側「カテゴリ」の各「レッスン」からもご覧いただけます。


ご予約は、申込みフォームからお願い申し上げます。

【目白・高田馬場】やさしいヨガ予約申込み、こちらです

【高田馬場】リストラティブ・ヨガ予約申込み、こちらです

【高田馬場】マタニティー・ヨガ予約申込み、こちらです

【高田馬場】産後予約申込み、こちらです

【高田馬場】朝ヨガ予約申込み、こちらです


・レッスン内容を確認後、ご予約したい時:「詳細、こちらです」をクリック→「初回のご予約」
・PCの場合は、左側「カテゴリ」の各レッスンの「日程」、
 左側の「リンク」からもご予約いただけます


お問い合わせ
スパムコメントで皆様にご迷惑をおかけしないよう、
2013年より「コメント受付なし」の設定にしております。
よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ、こちらです


ウォー・ホース:WAR HORSE:~戦火の馬~@東急シアターオーブ
2014 / 08 / 28 ( Thu )
201408241519000 (253x450)

雨が降り、すっかり涼しくなって、秋の気配を感じます。
皆様、いかがおすごしでしょうか。

観に行く前から、どんな舞台になるのか楽しみにしていた「ウォー・ホース」。
まだ少し暑い頃、千秋楽を観てまいりました。

物語は、結末が舞台版になることはなく、原作や映画と同じ安心の結末です。
舞台ならではの表現に、釘づけになってしまいました。
とっても素晴らしい舞台でした!

私たち日本人にはおなじみの文楽のように、三人で一頭の馬を動かします。
ただ、方法は同じなのですが、与える印象がまるで違うのでした。

文楽が人形ならではの独特な動き(人間が演じる以上に際立っていたりします)をするのとは違い
まるで舞台に本物の馬が存在しているかのように、息遣いまでも本物の馬を感じました。
職人技&芸術的なセンスが、実に素晴らしくて、さすが馬の文化のお国なのだなと感心。

物語が戦時下の英国デヴォンの農村やフランスの戦場だからなのか、
(映画では、畑や草原はグリーン、空の青色が爽やかでした)、
茶色の薄暗い中に、登場人物たちも茶色や黒色。普通なら眠くなりそうですが、
後ろの雲のようなスクリーンや、照明、音楽(歌や音楽がとってもイイですね♪)、
役者たちの演技によって、ど~っぷりと世界に浸れます。

苦難の末に、奇跡が訪れます・・・。
会場中、暖かい優しい雰囲気に包まれました。

馬のジョーイも、アルバート少年も、最悪の状況でも諦めないで、
希望や勇気を持って進んでいく姿が、やっぱりいいですね~。

ご興味ございましたら、舞台は終わってしまったので、どうぞ映画をご覧くださいませ。
2時間30分と映画としては長いのですが、おススメです。

ご参考までに映画では、アルバートをジェレミー・アーヴァインが演じ、
ニコルズ大尉をトム・ヒドルストンが演じ、
スチュワート少佐をベネディクト・カンバーバッチが演じています。

201408241520002 (450x283)

201408241522000 (450x264)

201408241513000 (450x253)
写真OKのカーテンコール

<ウォー・ホース:WAR HORSE>
1982年に出版されたマイケル・ モーパーゴ(英語版)による児童小説。
舞台化作品は2007年10月にロンドンのナショナル・シアター・オブ・グレイト・ブリテンで初演。
その後2011年にはアメリカに渡り、ニューヨークのリンカーンセンターでの上演も開始。
同年第65回トニー賞において、最優秀作品賞、演出賞など5部門を受賞。
またロンドンで公演を見た映画監督スティーブン・スピルバーグが「この感動を世界に届けたい」と映画化。
2011年にアメリカで公開したのち、翌2012年に「戦火の馬」というタイトルで日本でも公開。
各国の映画祭でさまざまな賞にノミネートされた。(東急シアターオーブHPより抜粋)

<ウォー・ホース:WAR HORSE 舞台>
原作:マイケル・モーパーゴ
脚色:ニック・スタフォード
共同制作:ハンドスプリング・パペット・カンパニー
オリジナル共同演出:マリアン・エリオット、トム・モリス

201408241518000 (253x450)
劇場ロビー 一面窓なので、明るいっ! 

201408241524001 (253x450)
劇場の窓から工事中の渋谷駅前を望む 
東急東横線のホーム、東急百貨店・・・変わっていくのですね~(しみじみ)



16 : 32 : 36 | 芝居・歌舞伎・バレエ・お笑い | page top
| ホーム |