ご訪問頂き、ありがとうございます
東京都新宿区の小さなヨガ教室のブログサイトです


スマホでご覧の方は、今ご覧のPC表示か、HPがわかりやすいです。
ARCO IRIS YOGA(アルコ・イリス・ヨガ)HPです
ARCO IRIS YOGA(アルコ・イリス・ヨガ)



くわしくは「詳細、こちらです」をクリックして、ご覧くださいませ。


やさしいヨガ
火曜日 3:30pm~@ARCOIRISスタジオ
やさしいヨガ詳細、こちらです

水曜日 1:30pm~@ARCOIRISスタジオ
やさしいヨガ詳細、こちらです

水曜日 7:15pm~@ARCOIRISスタジオ
やさしいヨガ詳細、こちらです

金曜日 7:15pm~@ARCOIRISスタジオ
やさしいヨガ詳細、こちらです

リストラティブ・ヨガ
火曜日 8:00pm~@ARCOIRISスタジオ
リストラティブ・ヨガ詳細、こちらです

土曜日 5:00pm~@ARCOIRISスタジオ
リストラティブ・ヨガ詳細、こちらです

マタニティー・ヨガ
土曜日 1:20pm~@ARCOIRISスタジオ
マタニティー・ヨガ詳細、こちらです

産後ヨガ
木曜日 1:20pm~@ARCOIRISスタジオ
産後ヨガ詳細、こちらです

朝ヨガ
木曜日 第2・4週目 10:00am~@ARCOIRISスタジオ
朝ヨガ詳細、こちらです

<予定表>  
火曜水曜木曜金曜土曜
朝 第2・4週目
ARCOIRIS
スタジオ
10:00am~11:20am
やさしい
ARCOIRIS
スタジオ
3:30pm~4:50pm
やさしい
ARCOIRIS
スタジオ
1:30pm~2:50pm
産後
ARCOIRIS
スタジオ
1:20pm~2:30pm
マタニティー
ARCOIRIS
スタジオ
1:20pm~2:30pm
リストラティブ
ARCOIRIS
スタジオ
8:00pm~9:20pm
やさしい
ARCOIRIS
スタジオ
7:15pm~8:35pm
やさしい
ARCOIRIS
スタジオ
7:15pm~8:35pm
リストラティブ
ARCOIRIS
スタジオ
5:00pm~6:20pm


PCの場合は左側「カテゴリ」の各「レッスン」からもご覧いただけます。


ご予約は、申込みフォームからお願い申し上げます。

【高田馬場】やさしいヨガ予約申込み、こちらです

【高田馬場】リストラティブ・ヨガ予約申込み、こちらです

【高田馬場】マタニティー・ヨガ予約申込み、こちらです

【高田馬場】産後予約申込み、こちらです

【高田馬場】朝ヨガ予約申込み、こちらです


・レッスン内容を確認後、ご予約したい時:「詳細、こちらです」をクリック→「初回のご予約」
・PCの場合は、左側「カテゴリ」の各レッスンの「日程」、
 左側の「リンク」からもご予約いただけます


お問い合わせ
スパムコメントで皆様にご迷惑をおかけしないよう、
2013年より「コメント受付なし」の設定にしております。
よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ、こちらです


MIWA NODA・MAP@東京芸術劇場プレイハウス
2013 / 11 / 10 ( Sun )
500たて

美輪明宏の半生を軸に、「愛」「人生」「昭和」をテーマに描く。

まず美輪さんがモデルということで、観に行く前から大期待のこのお芝居。
面白くないわけがない。作る側にとってはプレッシャーかもしれませんが。
結果は、やっぱり面白かったのでした!

ドラマチックな半生の美輪さんを(「紫の履歴書」などご覧ください)
宮沢りえさん、両性具有の半身として古田さんが演じています。

もちろん「MIWA」作中の「MIWA」は、美輪さんであって、美輪さんではありません。
野田さんの生み出したオリジナルのキャラクターです。
しかしそこには、戦前戦後を生き抜いてきた、歌や愛を武器に差別と闘う姿がありました。

下記少しネタばれございますので、お芝居を見ていない方はご注意ください。


さまざまな文化や美を受け入れてきた長崎という街、
そこでのキリシタン迫害、原爆投下、戦後を生き抜いてきた人々の逞しさ。

また同性愛者というだけで(人間が人間を愛するのに変わりはないのですが)
差別されてきたことや、「MIWA」の恋愛や矛盾。
辛い悲しい経験を、歌と愛で乗り越えて、今の「MIWA」がある。
自分の使命を果たしつつ、これからも生きていく!という舞台でした。


言葉遊び、見立て、チームワークのアンサンブル、
どれも素晴らしく、特にアンサンブルは場面はそう多くありませんが、
演劇・舞台ならでは、非常に印象的です。

観終わった後、近年の野田さんの作品では味わったことのない、
えらく前向きな気持ちになりました。

それは勘三郎さんの死と無関係ではないはず。
まず野田さんが「愛」をテーマにすること自体珍しいことですし。

生きていくことは大変だけれど、自分の役割を果たし
できる限りこの人生を生きていく、というメッセージを強く感じました。

辛いこと、悲しいこと、嬉しいこと、楽しいこと、全部ひっくるめて人生。
辛いことばかりではないし、楽しいことばかりでもありません。
どれも意味あることですから、いろいろ味わって生きていきたいものですね。

今まで野田さんの舞台が合わない、苦しく感じたという方も
この作品は、お勧めです。ぜひご覧ください。

500よこ
ロビーにあった舞台の模型(撮影可)

公演日程:2013年10月4日(金)~11月24日(日)
会場:東京芸術劇場 プレイハウス
作・演出:野田秀樹
キャスト:宮沢りえ/瑛太/井上真央/小出恵介/浦井健治/
     青木さやか/池田成志/野田秀樹/古田新太
美術:堀尾幸男
照明:小川幾雄
衣裳:ひびのこづえ
選曲:効果:高都幸男
振付:木佐貫邦子
美粧:柘植伊佐夫
舞台監督:瀬崎将孝
プロデューサー:鈴木弘之
企画・製作:NODA・MAP

NODA・MAP公式HP→こちらです



10 : 38 : 13 | 芝居・歌舞伎・バレエ・お笑い | page top
| ホーム |