ご訪問頂き、ありがとうございます
東京都新宿区の小さなヨガ教室のブログサイトです


スマホでご覧の方は、今ご覧のPC表示か、HPがわかりやすいです。
ARCO IRIS YOGA(アルコ・イリス・ヨガ)HPです
ARCO IRIS YOGA(アルコ・イリス・ヨガ)



くわしくは「詳細、こちらです」をクリックして、ご覧くださいませ。


やさしいヨガ
火曜日 3:30pm~@ARCOIRISスタジオ
やさしいヨガ詳細、こちらです

水曜日 1:30pm~@ARCOIRISスタジオ
やさしいヨガ詳細、こちらです

水曜日 7:15pm~@ARCOIRISスタジオ
やさしいヨガ詳細、こちらです

金曜日 7:15pm~@ARCOIRISスタジオ
やさしいヨガ詳細、こちらです

リストラティブ・ヨガ
火曜日 8:00pm~@ARCOIRISスタジオ
リストラティブ・ヨガ詳細、こちらです

土曜日 5:00pm~@ARCOIRISスタジオ
リストラティブ・ヨガ詳細、こちらです

マタニティー・ヨガ
土曜日 1:20pm~@ARCOIRISスタジオ
マタニティー・ヨガ詳細、こちらです

産後ヨガ
木曜日 1:20pm~@ARCOIRISスタジオ
産後ヨガ詳細、こちらです

朝ヨガ
木曜日 第2・4週目 10:00am~@ARCOIRISスタジオ
朝ヨガ詳細、こちらです

<予定表>  
火曜水曜木曜金曜土曜
朝 第2・4週目
ARCOIRIS
スタジオ
10:00am~11:20am
やさしい
ARCOIRIS
スタジオ
3:30pm~4:50pm
やさしい
ARCOIRIS
スタジオ
1:30pm~2:50pm
産後
ARCOIRIS
スタジオ
1:20pm~2:30pm
マタニティー
ARCOIRIS
スタジオ
1:20pm~2:30pm
リストラティブ
ARCOIRIS
スタジオ
8:00pm~9:20pm
やさしい
ARCOIRIS
スタジオ
7:15pm~8:35pm
やさしい
ARCOIRIS
スタジオ
7:15pm~8:35pm
リストラティブ
ARCOIRIS
スタジオ
5:00pm~6:20pm


PCの場合は左側「カテゴリ」の各「レッスン」からもご覧いただけます。


ご予約は、申込みフォームからお願い申し上げます。

【高田馬場】やさしいヨガ予約申込み、こちらです

【高田馬場】リストラティブ・ヨガ予約申込み、こちらです

【高田馬場】マタニティー・ヨガ予約申込み、こちらです

【高田馬場】産後予約申込み、こちらです

【高田馬場】朝ヨガ予約申込み、こちらです


・レッスン内容を確認後、ご予約したい時:「詳細、こちらです」をクリック→「初回のご予約」
・PCの場合は、左側「カテゴリ」の各レッスンの「日程」、
 左側の「リンク」からもご予約いただけます


お問い合わせ
スパムコメントで皆様にご迷惑をおかけしないよう、
2013年より「コメント受付なし」の設定にしております。
よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ、こちらです


別離:Nader and Simin, A Separation
2013 / 08 / 07 ( Wed )
より良い道を選んでいると信じたいし、選びたい。
けれど、そう思うようにいかないことが、時としてある。

ひとりひとりが、より良く生きようと考えて行動しているのに、空回り。
さらに、周囲を巻き込んで、悲しい循環に陥っていきます。

イラン人の主人公や周囲の人物を、イスラムという宗教や文化は違うのですけれども、
「もしも自分だったら・・・」と置き換えて考えてみますと、
「そういうこと、あるかもしれない」と妙に納得してしまうのです。

そもそも立場が違うということは、利害が一致しないのですから、
和解するということは、非常に難しいわけです。

観ている最中、もやもやした気持ちが晴れることはなく、
観終わった後も、実はほとんど晴れていません。そんな苦しい作品だったりします。

誰も意図していないにも関わらず、結果的には、誰にとっても辛い状況になってしまう。
そんな状況に対して、アスガー・ファルハディ監督は、あえて明確な答えを出しません。

作品では、様々な別離が描かれています。
夫婦、男女、親子、雇用主と使用人、
宗教が社会を決める昔の文化と法律が社会を決める現代のイスラム・・・。

「自分だけは悪くない」というエゴのようなものに翻弄されがちです。
誰もが持っているこういう気持ちを手放した時に、
私たちはより良い方向へ進むことができる、と言いたいのかな、と。

そして、「カルマ・ヨガ」をふと思いました。

カルマヨガとは、マットの上でのヨガというよりも、生き方です。
行為の結果に対する思いを放棄し、見返りを求めず私心を交えず行為すること。

A Separation

<物語>
テヘランで暮らす妻シミンは、11歳になる娘テルメーの将来のことを考えて、夫ナデルとともにイランを出る準備をしていた。
しかしナデルは、アルツハイマー病を抱えることとなった父を置き去りにはできないと国を出ることに反対。夫婦の意見は平行線をたどり、シミンが裁判所に離婚申請をするが、協議は物別れに終わる。
シミンはしばらく家を出ることとなり、ナデルは父の世話のためにラジエーという女性を雇うことにした。
しかし、ある日、ナデルが帰宅すると、父は意識不明でベッドから落ち床に伏せていた。
ナデルは怒りをあらわにして、ラジエーを問い詰め、彼女を手荒く追い出してしまう。
その夜、ナデルは、ラジエーが入院したとの知らせを受ける。

<2011年のイラン映画>
第61回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門に出品。
最高賞である金熊賞と、女優賞、男優賞の2つの銀熊賞の計3部門で受賞。
第84回アカデミー賞で、イラン代表作品として外国語映画賞を受賞。脚本賞にもノミネート。

映画「別離」公式サイト→こちらです



12 : 50 : 51 | 映画・ドラマ | page top
| ホーム |