ご訪問頂き、ありがとうございます
東京都新宿区の小さなヨガ教室のブログサイトです


スマホでご覧の方は、今ご覧のPC表示か、HPがわかりやすいです。
ARCO IRIS YOGA(アルコ・イリス・ヨガ)HPです
ARCO IRIS YOGA(アルコ・イリス・ヨガ)



くわしくは「詳細、こちらです」をクリックして、ご覧くださいませ。


やさしいヨガ
火曜日 3:30pm~@ARCOIRISスタジオ
やさしいヨガ詳細、こちらです

水曜日 1:30pm~@ARCOIRISスタジオ
やさしいヨガ詳細、こちらです

水曜日 7:15pm~@ARCOIRISスタジオ
やさしいヨガ詳細、こちらです

金曜日 7:15pm~@ARCOIRISスタジオ
やさしいヨガ詳細、こちらです

リストラティブ・ヨガ
火曜日 8:00pm~@ARCOIRISスタジオ
リストラティブ・ヨガ詳細、こちらです

土曜日 5:00pm~@ARCOIRISスタジオ
リストラティブ・ヨガ詳細、こちらです

マタニティー・ヨガ
土曜日 1:20pm~@ARCOIRISスタジオ
マタニティー・ヨガ詳細、こちらです

産後ヨガ
木曜日 1:20pm~@ARCOIRISスタジオ
産後ヨガ詳細、こちらです

朝ヨガ
木曜日 第2・4週目 10:00am~@ARCOIRISスタジオ
朝ヨガ詳細、こちらです

<予定表>  
火曜水曜木曜金曜土曜
朝 第2・4週目
ARCOIRIS
スタジオ
10:00am~11:20am
やさしい
ARCOIRIS
スタジオ
3:30pm~4:50pm
やさしい
ARCOIRIS
スタジオ
1:30pm~2:50pm
産後
ARCOIRIS
スタジオ
1:20pm~2:30pm
マタニティー
ARCOIRIS
スタジオ
1:20pm~2:30pm
リストラティブ
ARCOIRIS
スタジオ
8:00pm~9:20pm
やさしい
ARCOIRIS
スタジオ
7:15pm~8:35pm
やさしい
ARCOIRIS
スタジオ
7:15pm~8:35pm
リストラティブ
ARCOIRIS
スタジオ
5:00pm~6:20pm


PCの場合は左側「カテゴリ」の各「レッスン」からもご覧いただけます。


ご予約は、申込みフォームからお願い申し上げます。

【高田馬場】やさしいヨガ予約申込み、こちらです

【高田馬場】リストラティブ・ヨガ予約申込み、こちらです

【高田馬場】マタニティー・ヨガ予約申込み、こちらです

【高田馬場】産後予約申込み、こちらです

【高田馬場】朝ヨガ予約申込み、こちらです


・レッスン内容を確認後、ご予約したい時:「詳細、こちらです」をクリック→「初回のご予約」
・PCの場合は、左側「カテゴリ」の各レッスンの「日程」、
 左側の「リンク」からもご予約いただけます


お問い合わせ
スパムコメントで皆様にご迷惑をおかけしないよう、
2013年より「コメント受付なし」の設定にしております。
よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ、こちらです


足跡姫~時代錯誤冬幽霊(ときあやまってふゆのゆうれい)NODA・MAP~@東京芸術劇場プレイハウス
2017 / 02 / 07 ( Tue )
まさかの野田作品で泣くことになるとは。

泣くことが良い作品の条件だとは考えていませんが、
お芝居の後、モヤモヤさせる野田作品の中で、
初めての後味の爽やかな作品でした。


「中村勘三郎のオマージュ」

芝居は儚いけれど、一人一人の記憶には強く残る。

中村勘三郎を舞台で観たことのある人は、
最後、彼のイメージをありありと感じ、
彼や肉体を使う芸術に連なる者たちを思ったはず。

役者たちが素晴らしかったです。

観た後モヤモヤしたものが全くないのは、
ストレートな願いが込められていたからなのだと思います。
「忘れないで覚えていて、語り継いで」と。

劇場を晴れやかな気持ちで後にしたのでした。

IMG_0915 (338x450)

IMG_0910 (338x450)

公演日程:2017年1月18日(水)~3月12日(日)
会場:東京芸術劇場プレイハウス
作・演出:野田秀樹
キャスト:宮沢りえ/妻夫木聡/古田新太/佐藤隆太
     鈴木杏/池谷のぶえ/中村扇雀/野田秀樹
美術:堀尾幸男
照明:服部基
衣裳:ひびのこづえ
作調:田中傳左衛門
音響:zAk
サウンドデザイン:原摩利彦 
振付:井手茂太
映像:奥秀太郎
美粧:柘植伊佐夫
舞台監督:瀬﨑将孝
プロデューサー:鈴木弘之
主催・企画・製作:NODA・MAP

IMG_0914 (338x450)



10 : 01 : 28 | 芝居・歌舞伎・バレエ・お笑い | page top
TOTEM:トーテム CIRCUE DU SOLEIL:シルク・ドゥ・ソレイユ2016@お台場
2016 / 03 / 31 ( Thu )
シルク・ドゥ・ソレイユの「トーテム」を観てまいりました。

「人類の進化」をテーマにした壮大な物語。
人間が人間になる前の太古を思わせる時代から
現代的なリゾート地での出来事、そして宇宙的なSFの世界へ。


いつもシルクを観て思う事は、肉体の強さとしなやかさ。
人種も体格も文化も違う人々が、得意分野を極限まで伸ばすと、
こんなにも美しくなるのかと。

今回の生演奏の音楽は、民族音楽の要素の強い、
大地からパワーが湧いてくるような、
時に神に捧げるような厳かで神秘的なものでした。

衣装と全身に施されたメイクが、カラフルで素敵です。

印象に残った演目は、「カラペース(ハイ・バー)」。
ジャングルジムのような鉄棒の間を、飛んだり回ったりします。
オープニングの演目で印象に残っているのですから、
このインパクトは相当なものです。後で友人から聞いたところ、
チームのひとりに日本人がいらっしゃるそうです。

一番印象に残った演目は、「ハンド・バランシング」。
台に手のひらを乗せ、バランスするものです。
肉体の美しさを堪能できる演目。大好きです。

少し残念なことは、会場内の本日のプログラムに
「ローラースケート」と記載があったのですが、
急な変更で、なくなってしまいました。

観る前から、友人とこの演目を楽しみにしていたのですが、
そういうこともあるものですね。
演者さん、体調不良だったのかなと心配してしまいました。
日々の舞台での健康管理は大変なものだと思います。

今回のシルクの舞台も、やはり素晴らしかったです。

IMG_0437 (450x450)

IMG_0433 (450x450)



10 : 27 : 17 | 芝居・歌舞伎・バレエ・お笑い | page top
逆鱗 NODA・MAP@東京芸術劇場プレイハウス
2016 / 02 / 09 ( Tue )
水族館を舞台に、地上と海中、過去と現在を行き来します。
思い通りに生きることができなかった者たちを忘れることがないように、
という祈りのお芝居でした。

こんなにシンプルに言ってしまえる程、
今回、今までになく野田さんのお芝居はわかりやすく、
それは、思ったことを語るというキャラクターが場面ごとに、
数名存在したからなのです。

これは、あえて野田さんがわかりやすくして、
今まで劇場に足を運ばなかった若い人にも観てもらいたいという
願いからなのでは、と勝手に想像しています。

お芝居は、今の日本と重なる部分が多くて・・・。
私たちは時に、言葉とは逆の思いを持つことがあるもので、
それを察したり、察することをしなかったり、
鈍感なふりをして察しているがわからない素振りをしたり。
日本独特の気質ですが、この辺で言葉にしないと
とんでもないことになるかもしれない恐怖。

他に、責任の所在をうやむやにすること。
禊の後に、同じことを繰り返すこと。
研究者たちの探求心によって、命が軽く扱われること、など。

物語の重々しさとは裏腹に、軽やかな役者たちの動き、
舞台演劇の見せ方の面白さが詰まっています。
キラキラと輝くアクリル板の見立てが、すごく良かったです!
チームワークの良いアンサンブル、言葉遊びも健在です。

わかりやすい内容であっても、観た後は、
やはりいつも通りモヤモヤしたものが残り、
爽やかな気持ちには到底なれず、息苦しさを覚えました。
物語途中から、やっぱり異世界に連れていかれちゃいました。

IMG_0413 (338x450)

IMG_0412 (338x450)

公演日程:2016年1月29日(金)~3月13日(日)
会場:東京芸術劇場プレイハウス
作・演出:野田秀樹
キャスト:松たか子/瑛太/井上真央/阿部サダヲ
     池田成志/満島真之介/銀粉蝶/野田秀樹
美術:堀尾幸男
照明:服部基
衣裳:ひびのこづえ
選曲:効果:高都幸男
振付:奥秀太郎
美粧:柘植伊佐夫
舞台監督:瀬﨑将孝
プロデューサー:鈴木弘之
企画・製作:NODA・MAP

IMG_0418 (338x450)



13 : 41 : 10 | 芝居・歌舞伎・バレエ・お笑い | page top
「ライフ・イン・プログレス」シルヴィ・ギエム@東京文化会館
2015 / 12 / 22 ( Tue )
ギエムの引退ツアー最終公演に行ってまいりました。

素晴らしかったです!
まだまだずっと見続けていたい。
「バイ」とともに、舞台を去っていく姿。
胸が熱くなってしまいました。

日本のことを深く理解しようと行動されてらしたこと、
今まで拝見した数々の舞台、
最終公演に日本を選んでくださったこと、
本当にありがとうございました。

IMG_0351 (450x319)

IMG_0355 (338x450)

IMG_0357 (338x450)

IMG_0356 (300x450)



10 : 45 : 42 | 芝居・歌舞伎・バレエ・お笑い | page top
宝塚月組 1789-バスティーユの恋人たち-@宝塚大劇場
2015 / 05 / 25 ( Mon )
DSC03570 (450x338)

神戸に行くなら、本拠地宝塚大劇場で観たいと思い、
前もって東京で前売りを購入しました。

久しぶりの宝塚は、本当に素晴らしかった!
帰りの飛行機の中、ずっと頭の中で楽曲が鳴り響いてました~。

実は、今もなお余韻に浸っているところです。
しかし、熱を帯びた状態でブログにアップする事は、いささか危険かと思い、
文章は充分寝かし熱を冷ましてからアップすることにいたしました。

元々月組は好きな組であり、フランス革命の物語も好きです。
小池修一郎さんの潤色演出、フレンチ・ロックミュージカル、
衣装は有村淳さん(「エリザベート」など)、観る前から
「これは絶対に面白いに違いない」と楽しみにしていました。

龍真咲さんが、素敵なんです!
主人公は王族でも貴族でも僧侶でもインテリ青年市民でもなく、
田舎から出てきた農民出身のパリに出てきた青年です。
当時革命に身を投じた人々は、おそらく彼のような人が多かったことでしょうが、
宝塚ではこのような人物が主役というのは、本当に珍しいことです。

どの階級の人々の立場も気持ちも理解はできるのですが、
特別な階級ではないこの主人公ロナンに感情移入してしまいました。
なにより龍真咲さんが魅力的ですからね。

妖しい雰囲気の悪役アルトワ伯を務めた美弥るりかさんからも目が離せません。
非常に美味しい役です。

最も心惹かれたのは、苦しい時代の中で、
どの階級の人も、それぞれの枠の中で必死に生きて、
自分の務めを果たそうとし、自由を求めて立ち上がる姿です。

主役だけでない、群像劇の面白さ。群舞の素晴らしさ。
特に音楽のない状態から始まる、床を足で踏み鳴らす音、
手で体を叩く音、テンポが速くなって、そこからの踊り。
皆の息がぴったり合う、一体感と高揚感!
やっぱり生の舞台っていいな~、と心底思いました。

ダンス、ロックテイストな楽曲。「サ・イラ・モナムール」など
耳にいつまでも残る曲の多いこと。それは、この舞台の魅力ですね。

衣装がまたイイです。
宮廷の衣装は当然ゴージャス(愛希れいかさんが演じる
マリー・アントワネットの登場シーンの圧倒的な華やかさ!)
憲兵たちの制服も凛々しく素敵ですが、
市民の、街中にいる人々の衣装がおしゃれなのです。
トップスターが、こんなにさっぱりした衣装というのは珍しいと思います。
珍しいといえば、トップコンビの絡みがほとんどない事。かなりのチャレンジです。

この舞台は、101期生の初舞台でもありました。
青、赤、白のトリコロールの初々しいラインダンス。
フランス革命の「1789」ならでは。本当に良かったです。

「1789」、きっとこれからも繰り返し上演される作品になるはずです。
この場に立ち会えた幸福をひしひしと感じました。

DSC03571 (450x338)

<物語>
フランス革命前夜から革命勃発のきっかけとなったバスティーユ牢獄襲撃までが、民衆と王宮の対立色濃く、ドラマティックに描き出されている。主人公は、歴史に名を残した英雄や革命家ではなく、名もなき一市民。民衆が主役の作品。

月組トップスター・龍真咲が演ずる主人公ロナン・マズリエは、官憲に父親を銃殺された経歴を持つ、地方農民出身の青年。革命の渦にのみ込まれて行く、彼の波乱に満ちたストーリーが主軸にあるものの、アンサンブル・キャスト形式の本作は、同じ時代を生き、革命に翻弄されるさまざまな人生も並行して進んで行く。その中には、月組トップ娘役・愛希れいかのマリー・アントワネットを含めた、敵対する王族側の人々も…。(公式HP抜粋)

DSC03562 (450x338)

DSC03545 (450x338)



10 : 57 : 55 | 芝居・歌舞伎・バレエ・お笑い | page top
| ホーム | 次のページ>>