ご訪問頂き、ありがとうございます
東京都新宿区の小さなヨガ教室のブログサイトです


スマホでご覧の方は、今ご覧のPC表示か、HPがわかりやすいです。
ARCO IRIS YOGA(アルコ・イリス・ヨガ)HPです
ARCO IRIS YOGA(アルコ・イリス・ヨガ)



くわしくは「詳細、こちらです」をクリックして、ご覧くださいませ。


やさしいヨガ
火曜日 3:30pm~@ARCOIRISスタジオ
やさしいヨガ詳細、こちらです

水曜日 1:30pm~@ARCOIRISスタジオ
やさしいヨガ詳細、こちらです

水曜日 7:15pm~@ARCOIRISスタジオ
やさしいヨガ詳細、こちらです

金曜日 7:15pm~@ARCOIRISスタジオ
やさしいヨガ詳細、こちらです

リストラティブ・ヨガ
火曜日 8:00pm~@ARCOIRISスタジオ
リストラティブ・ヨガ詳細、こちらです

土曜日 5:00pm~@ARCOIRISスタジオ
リストラティブ・ヨガ詳細、こちらです

マタニティー・ヨガ
土曜日 1:20pm~@ARCOIRISスタジオ
マタニティー・ヨガ詳細、こちらです

産後ヨガ
木曜日 1:20pm~@ARCOIRISスタジオ
産後ヨガ詳細、こちらです

朝ヨガ
木曜日 第2・4週目 10:00am~@ARCOIRISスタジオ
朝ヨガ詳細、こちらです

<予定表>  
火曜水曜木曜金曜土曜
朝 第2・4週目
ARCOIRIS
スタジオ
10:00am~11:20am
やさしい
ARCOIRIS
スタジオ
3:30pm~4:50pm
やさしい
ARCOIRIS
スタジオ
1:30pm~2:50pm
産後
ARCOIRIS
スタジオ
1:20pm~2:30pm
マタニティー
ARCOIRIS
スタジオ
1:20pm~2:30pm
リストラティブ
ARCOIRIS
スタジオ
8:00pm~9:20pm
やさしい
ARCOIRIS
スタジオ
7:15pm~8:35pm
やさしい
ARCOIRIS
スタジオ
7:15pm~8:35pm
リストラティブ
ARCOIRIS
スタジオ
5:00pm~6:20pm


PCの場合は左側「カテゴリ」の各「レッスン」からもご覧いただけます。


ご予約は、申込みフォームからお願い申し上げます。

【高田馬場】やさしいヨガ予約申込み、こちらです

【高田馬場】リストラティブ・ヨガ予約申込み、こちらです

【高田馬場】マタニティー・ヨガ予約申込み、こちらです

【高田馬場】産後予約申込み、こちらです

【高田馬場】朝ヨガ予約申込み、こちらです


・レッスン内容を確認後、ご予約したい時:「詳細、こちらです」をクリック→「初回のご予約」
・PCの場合は、左側「カテゴリ」の各レッスンの「日程」、
 左側の「リンク」からもご予約いただけます


お問い合わせ
スパムコメントで皆様にご迷惑をおかけしないよう、
2013年より「コメント受付なし」の設定にしております。
よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ、こちらです


北インド 19
2011 / 08 / 21 ( Sun )
まとめ

ヨガの原点であるインド、ヒマラヤ。

「?」と疑問に感じたこと、ちょっと嫌悪を感じたこと、
いいな~と思ったこと、感激したこと、楽しかったこと、
全て素晴らしい貴重な経験でした。

出来事をあるがままに受け入れることができただろうか。

心がけてはいたけれど、やっぱり自分の都合で物事を見てしまったことも、ありました。

「行く前と今 何か変わったか?」と聞かれると、正直あまり変わっていないのですが
後々じわじわと効いてくる、変化してくるのかもしれません。
(まぁ ヨガと一緒での~んびりなので

今回、インドに連れて行って下さった先生、お医者さま、スタッフの皆様、
インドで大変お世話になったアニールさん・リタさん、インドで出会った方々、
一緒に旅した全ての皆様・仲間、旅の間待っていて下さったヨガの生徒の皆様、
仕事でお世話になっている方々、友達、家族
本当にありがとうございました。
感謝の気持ちでいっぱいです!


そして、この長~い旅行記にお付き合い頂き、ありがとうございました

22 : 03 : 23 | 旅 北インド | page top
北インド 18
2011 / 08 / 21 ( Sun )
15日目 機内&成田

機内 

ぐっすり寝ていたら 「あっ」 という間に成田に。

長時間バス移動での 「寝る!」
ここでも大いに役に立ちました

最初 最も心配していた 体調管理でしたが
風邪はひいてしまったけれど
結局 高山病にもかからず 車酔いもせず
(ちょっと危ないことも 何度もありましたが 
食事に当たることもなく 怪我をすることもなく 
周囲の方々のおかげで なんとか乗越えることができました


成田

日本に帰ってきた安堵感と感謝
共に過ごした仲間とのしばらくのお別れ
心身に蓄積された疲労

旅の終わりは 様々な感情が混ざりますね。


そうそう
皆様は海外に旅行中 
何を召し上がりたくなりますか?


私は 麺類 特に 日本蕎麦です

そんなわけで 東京に着いて
まず 日本蕎麦を食べに行きました。

やっぱり蕎麦はいいですね~。とっても美味しかったです

22 : 01 : 27 | 旅 北インド | page top
北インド 17
2011 / 08 / 21 ( Sun )
14日目 インド最終日

瞑想ホールの見学&礼拝

白を基調とした立派なホールでした。
ですが 心はすっかり
都会モード・帰国モードになっていて
わさわさ と せわしない状態です。


裸足で歩ける程きれいな外廊下


最後の食事

ホテルのバンケットルームにて インド最後の食事 昼食です。

皆と今までのことなど語り合いながら セルフサーヴィスで
美味しい食事を 「食べすぎず 適量」 頂きます

DSC00941.jpg
「これ適量?」という疑問はさておき・・・

この清潔なホテルに着いてからというもの
ほとんど不便を感じることなく 東京と同じように過ごしました。

このデリーという都会では
さまざまな層の人々が 生活していることがわかりました。

街のつくりひとつとってみても

ボロボロのトタン屋根に住む人
壁の剥がれたアパートに住む人
普通のマンションに住む人
高級なお庭のある家に住む人
さらには 何軒も家を所有する人・・・

地域により教育レベルは様々ですが
近年 男女問わず教育水準は上がってきているとのこと。

またカーストなどの社会制度も変化しつつあり
仕事の選択の幅がぐっと広がり 
親の決めたお見合い結婚ではなく
職場などで知り合う結婚も増えているとのこと。

今までは許されていた政治家に対する汚職の
社会全体の嫌悪がすさまじく(当然ですよね)
おそらく今後はクリーンな新たな政治家が
出現するかもしれません。

インドでは 建築という目に見える物だけでなく
人々の発する 勢い を感じました。

大きな可能性に向って 
さらに変化していくに違いありません。


21 : 52 : 06 | 旅 北インド | page top
北インド 16
2011 / 08 / 19 ( Fri )
13日目 インドの現代の寺院&富裕層

デリーにあるアクシャル・ダーム寺院
そして先生のお師匠様の代からの生徒さんである
インドの裕福なご家庭に 一緒に伺う。


アクシャル・ダーム寺院へ

宗教のディズニーランドでした。

巨大な寺院(およそ5年で完成!)
夜 ライトアップされたら さぞ美しかろう 蓮の浮かぶ池と噴水。

室内でボートに乗ってインドの歴史をめぐったり
IMAXシアターのような映像・音響施設で
宗祖スワミナラヤンの生涯をたどったり。

クジャラート州ガンディーナガルに本山があり
信者はインド内外に100万人 とのこと。

ヒンドゥー教ということになっているようですが
スワミナラヤンを宗祖とした新興宗教という印象です。
(あくまでも私の印象なのであしからず)

アクシャルダームの意味は
アクシャル・・・不朽 不滅
ダーム・・・聖地

ファサードの精巧さは 職人さんの粋を集めたもの。
寺院内は素足。大理石の上を歩くのは
ひ~んやりしてて 気持ちが良いです。

写真をご覧頂きたいのですが
残念ながら カメラを持って入る事が禁止でした。

興味ございましたらオフィシャルHPをご覧ください。
フォトギャラリーの夜景など 本当に美しいです。

アクシャルダーム・スワミナラヤン寺院
http://www.akshardham.com/

この敷地内 貧しい層のインド人は全くいません。
都会に暮らす中流・裕福な層かと思われます。

セキュリティーが厳重な為 最初から手ぶら状態
お財布 パスポート な~んにも持ってません。
ポケットにトイレットペーパー30センチくらい。

ボディーチェックもあり
軍事施設 空港 と同レベルかも。テロ対策とのこと。

 ちなみに禁止の品 
マジック ペン メモ カメラ 携帯電話 傘
大きなバック 水などペットボトル ベルト など

最初 「水くらい持って入りたいなぁ」と思いましたが 
手ぶらは身軽で 快適でした。


インドの裕福なご家庭

夕方 信心深い裕福なご家庭に招かれ
皆で お庭の散歩&食事。とても感じのよいご家族で
私たちをもてなしてくださいました。

お庭は 日本庭園(池も)あり プールあり 
小さな山のような小屋あり 
立派な公園くらいの広さに もう ビックリ

DSC00924.jpg
遥か向こうで クリケットを楽しんでいます。 映画ではなく
(「Another Country/アナザー・カントリー」 
「Maurice/モーリス」 「Chariots of Fire/炎のランナー」 とか)
実際にクリケットに興じている方々を初めて見ました

別宅にもかかわらず お手伝いさん・奉公人
運転手 料理人 庭師など 待機しており

すごい世界があるのだなぁ。 

皆で 歌や踊りを披露。踊りは観る側として
すっかり楽しんでしまいました
そして 茶道の心得のある方が和服をお召しになり
こちらのご家族にお茶をたててらっしゃいました。

食事は インドに来てから一番という程美味しく
室内は とても清潔で 調度品もセンスが良く上品です。

良くしてくださったご家族を例にして申し訳ないのですが

このような生活がしたいのか
このような生活が幸せと感じるのか
自分の求めるものなのか と聞かれると
正直なところ 違うような気がするのです。

どのような生活をしていても
心の中が穏やかであること 
今ここにあることを大切にすること
 が

自分の求めているものかな~と思うのです。

私にこのご家庭の皆さんの心はわかりません。
心の中が穏やかかもしれませんし
「今ここ」を大切にされていらっしゃるかもしれません。

貧しい暮らしであれ 裕福な暮らしであれ いずれにしても
「どのような生活をしていても」ですから。

インドの人々の生活水準の幅広さに驚愕しつつ
つい考えてしまうのでした。

DSC00564.jpg

10 : 57 : 57 | 旅 北インド | page top
北インド 15
2011 / 08 / 16 ( Tue )
12日目 デリー散歩&買い物

散歩&買い物

体調は思わしくはありませんが
せっかくですから デリーの街中に出て
雰囲気を味わいたい そして買い物を!

数日前までの物欲ゼロ状態が 都会の空気にあてられて・・・

露店 日用品を扱うスーパー 薬局
地元の方も購入するような専門食材を扱う店
洋服屋 靴屋 アクセサリー屋 仏具屋
さらに マクドナルド ケンタッキー
いろんなお店がありますね~。

行きませんでしたが 最近はモール
(ショッピングセンター)が人気なのだとか。

ヒマラヤの涼しさとは違い 東京と変わらない暑さ
ギラギラした日差しの中 歩きまわりました。

体力的には限界ですが やっぱり自分の足で歩くと
街の様子がわかって 楽しい

DSC00904.jpg


タージ・パレス・ホテル

DSC00921.jpg

3時頃 ホテル着。リシケシの皆と ホテルで合流。
かなり皆の体調は良くなさそうです・・・。
最後だからでしょうか 豪華な高級ホテルです。

5時頃 バザールに繰り出し買い物へ。
「えっ また?」と言われてしまいそうですが
「この日しかなかったから」と 言い訳

やっとパンジャビドレスを買うことができます。

基本的に 独身女性がパンジャビドレス
結婚した女性がサリーを着る習慣があります。

パンジャビドレス(パンジャビスーツ)
ワンピース・ズボン・ショールの3点セット。
ズボンはお店によりますが 3種類の中から選ぶことができました。

ズボンは3種類

1 ダボーっとした伝統的なもの
2 ピッタリとしたタイトなもの(スソが足首でクシュクシュ)
3 ストレートなラインのもの


この都会では いわゆるインドらしいインドを感じることはなく
西洋化された 現代のインドを感じました。

DSC00914.jpg
リラックスできそうな 久しぶりのバスタブですっ
と言いつつ結局 バタバタと忙しく 浸からずシャワーのみでした

09 : 45 : 30 | 旅 北インド | page top
| ホーム | 次のページ>>